まめりうむ

WindowsからMacへ乗り換るためのネタをまとめたり好きなことをまとめたり。

*

Raspberry PiのOSインストールから基本的な設定まで

      2017/05/02

スポンサーリンク

Raspberry Piを買ってからOSのインストール〜ネットワーク経由で操作出来るようにするあたりまでを自分用にまとめます。

Raspberry Piクックブックもそれなりに参考になりましたがネットの情報の方がわかりやすかったかも知れません…w

全体を通してコチラのサイトがとても参考になりました。

設定中によく使うLinuxコマンドの確認

sudo

別のユーザー(デフォルトではroot)としてコマンドを実行する。

システムの設定変更やパッケージ(ソフト)のインストールをするには管理者権限が必要なためよく使う。

apt-get

パッケージ管理のコマンド。

パッケージの管理には管理者権限が必要なのでsudoとセットで使うことになる。

パッケージインデックスの更新

sudo apt-get update

インストールされているパッケージを最新バージョンに更新

sudo apt-get upgrade

指定したパッケージをインストール

sudo apt-get install パッケージ名

指定したパッケージをアンインストール

sudo apt-get remove パッケージ名

shutdown

再起動やシャットダウンをするためのコマンド。

管理者権限が必要なのでsudoコマンドとセットで。

すぐに再起動

sudo shutdown -r now

すぐにシャットダウン

sudo shutdown -h now
#sudo halt でもOK

NOOBSのダウンロード

  • 公式サイトのダウンロードからダウンロード。
  • OPERATING SYSTEM IMAGESを使うよりNOOBSを使った方がインストールは簡単そう。
  • Raspberry Piを有線接続出来るなら「NOOBS LITE」で良さそうだが自分の環境では有線接続できないのでOffline and network installをチョイス。
  • NOOBS(Offline and network install)は約704MBと結構大きい。
  • Zipでのダウンロードはかなり遅くて一回ダウンロードに失敗したのでTorrentのが良いかも。
  • ダウンロードが完了したら20分程度でインストール完了。
  • インストールが完了すると勝手に再起動がかかる。

raspi-config

raspi-configSetup-Options.jpg

  • 再起動後、初回のみ表示される基本的な設定メニュー。
sudo rasi-config

で呼び出せるのでスルーしてもOK。

  • 上下の選択は十字キー、了解・取消へのフォーカスはTabキー

1 Expand Filesystem

  • SDカードの使用領域を変更するためのものらしい。
  • 現在のバージョンでは使用不能(必要ない)。

2 Change User Password

  • デフォルトユーザー(pi)のパスワードを変更する。

ちなみにパスワードの変更はコンソールから

sudo passwd pi

でも変更出来る。

3 Enable Boot to Desktop/Search

  • Boot時の起動設定
  • 真ん中のDesktop Log in as user ‘pi’ at the graphical desktopを選んでおけば次回起動時からユーザー名piでGUIが勝手に立ち上がるので何かと便利。

4 Internationalisation Options

  • 言語やタイムゾーンなどの地域設定
  • Change Timezoneでアジア→Tokyoにしておいた方が良さそう。

ちなみにタイムゾーンの変更はコンソールから

sudo dpkg-reconfigure tzdata

でも変更出来る。

5 Enable Camera

  • カメラモジュールを使う時はEnableに。

6 Add to Rastrack

  • トラッキングを許可するかどうか。

7 Overclock

  • 文字通りオーバークロックの設定。
  • 挙動に不満がなければ無駄な消費電力増やす必要もなさそう。

8 Advanced Options

raspi-configAdvanced-Options.jpg

  • 色々あるけど変えとくと良いのはHostname(ホスト名)くらい?

raspi-configで設定を変更したら再起動。


ここまででOSのインストールは完了。

次はやっておくと便利な設定へ。

パッケージの更新

  • インストールされているパッケージを最新の状態にする。
sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade

WiFi接続

  • あらかじめ無線LANアダプタを接続しておく。
  • デスクトップにWiFi Configがあるのでここから。
  • Current StatusタブのScanボタンからScanウィンドウを出してさらにScan。
  • 繋げたいネットワークが見つかったらダブルクリックして諸々設定。
  • パスワードはPSK欄に入力。

WiFi Config

Avahi デーモンのインストール

  • Raspberry Piにホスト名でアクセス出来るようにする。
sudo apt-get install avahi-daemon
  • インストールが完了したらLAN内からホスト名.localでアクセス出来る。

SSHでリモート接続

  • GUIが不要な場合はコチラが便利。

Macbook Airからリモート接続

  • ターミナルから接続出来る。
ssl pi@ホスト名.local

Windowsからリモート接続

  • SSH接続用のクライアント(TeraTermなど)が必要。

VNCサーバをインストール

  • GUIを使って遠隔操作出来るようにする。

コチラのサイトで完璧にまとめられてるので丸投げw

さらにいくつかインストール

画面キャプチャ

sudo apt-get install scrot

選択範囲をキャプチャ

scrot -s

コマンド入力後、マウスでキャプチャ範囲を選択する。

テキストエディタ

標準でインストールされてるテキストエディタnanoがイマイチ使い方解らないのでvimemacsをインストール(どっちも使い方をネットで調べやすい)。

sudo apt-get install vim
sudo apt-get install emacs

IPython

標準の対話型シェルより機能が豊富なIPythonもインストール。

若干重いのでちょっとしたスクリプトの時は標準の方が軽くて良いかも。

sudo apt-get install ipython

Git

Raspberry Piクックブックで紹介されてる便利なライブラリはGitで公開されてるみたい。

sudo apt-get install git

Gitからファイルを取得

git clone https://~

ここまでやればまず十分。

WindowsからRaspberry PiのディスクにアクセスするならSambaも入れとくと良さそうです。

やってて思ったんですがパッケージ管理システムって超便利ですねー。

MacとWindowsにもパッケージ管理システムがあるので導入したくなりましたw

 - これから始めるRaspberry Pi , ,

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

Raspberry Piに興味津々

この前本屋さんで面白そうなPythonの本がないか探してたんですが、その時初めて …

Raspberry Piのインストール時にひとつ大ポカをしました

届いてます、Raspberry Pi。 OSのインストールと最低限必要そうなソフ …

RPi.GPIOの基本的な使い方

Raspberry Piの汎用入出力コネクタ(GPIO)をPythonで操作する …

秋月電子にRaspberry Pi 2が入荷されてました

先日友達に誘われて秋月電子の八潮店に行ってきました。 出かける前に秋月電子の通販 …

RPi.GPIO.setupメソッドについてもう少し

前回の記事でRPi.GPIOライブラリを使用する基本的な流れがわかったんですが、 …

+350円で性能6倍のRaspberry Pi 2 Model B

Raspberry Piに新モデルが出ましたね。 「Raspberry Pi 2 …

Raspberry Piで学ぶ電子工作を読みました

Raspberry Piを買った時、一緒にRaspberry Piクックブックも …

Raspberry PiでLEDチカチカ

Raspberry Piにリモート接続できるようになってからは念願の電子工作的な …