まめりうむ

WindowsからMacへ乗り換るためのネタをまとめたり好きなことをまとめたり。

*

+350円で性能6倍のRaspberry Pi 2 Model B

   

スポンサーリンク

Raspberry Piに新モデルが出ましたね。

「Raspberry Pi 2 Model B」がリリース–MSは対応する「Windows 10」を無償提供へ

サイズやコネクタの位置はModel B+と同じっぽいのでケースの買い替えとかしなくていいのは嬉しいです。

CPUとRAMが強化されて性能は6倍になったのにお値段据置きの$35というのも素晴らしい(日本国内だと+350円位みたいです)。

さらに、Raspberry Pi 2にはWindows 10が無償提供されるとのこと。

ただ、こちらの記事を読む感じでは

無料のWindowsを搭載する安価なコンピュータを作成する素晴らしい手段だと思ったなら、ちょっと待ってほしい。Microsoftが開発中のこのバージョンは、「Windows Developer Program for IoT」(IoTは「Internet of Things」の略で「モノのインターネット」を意味する)の一部であり、Microsoftはこのプロジェクトで、Windowsをさまざまな小型デバイスに搭載することを目指している。

つまり、少なくともMicrosoftが無料提供するバージョンを使って、なじみ深いWindowsデスクトップ体験をRaspberry Piで再現できる可能性は低い。

ということで、当初ニュースで受けたインパクトほどのコトではなさそうです。

また、ARMベースのRaspberry Pi 2ではWindows 10をインストールしても従来のWindowsアプリ(x86系)が動くわけでもないみたいなので、過去の資産を有効利用するならやっぱりLinux系の方が良いかも知れませんね。

あと、WindowsってOSだけで結構容量食っちゃうイメージなんですが、その辺もどうなるんでしょうね。

とはいえ、性能6倍が実際どれくらい違うか試してみたくなりますw

個人的にはModel B+ではGPIOのPWM出力が残念な感じなので、次はこの辺も強化されると嬉しいです。

 - これから始めるRaspberry Pi

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

RPi.GPIOの基本的な使い方

Raspberry Piの汎用入出力コネクタ(GPIO)をPythonで操作する …

RPi.GPIO.setupメソッドについてもう少し

前回の記事でRPi.GPIOライブラリを使用する基本的な流れがわかったんですが、 …

秋月電子にRaspberry Pi 2が入荷されてました

先日友達に誘われて秋月電子の八潮店に行ってきました。 出かける前に秋月電子の通販 …

Raspberry PiのOSインストールから基本的な設定まで

Raspberry Piを買ってからOSのインストール〜ネットワーク経由で操作出 …

Raspberry Piのインストール時にひとつ大ポカをしました

届いてます、Raspberry Pi。 OSのインストールと最低限必要そうなソフ …

Raspberry Piに興味津々

この前本屋さんで面白そうなPythonの本がないか探してたんですが、その時初めて …

Raspberry Piで学ぶ電子工作を読みました

Raspberry Piを買った時、一緒にRaspberry Piクックブックも …

Raspberry PiでLEDチカチカ

Raspberry Piにリモート接続できるようになってからは念願の電子工作的な …