[男坂]30年の時を経て未完という名の打ち切りから今蘇る[第4巻]

日記
この記事は約4分で読めます。

ジャンプ史上に残る打ち切り漫画の双璧といえば甲冑の戦士 雅武男坂

未完という名で打ち切られた男坂ですが、まさか続編が出てるとは思いもしませんでした。

現代に比べて色々ユルそうな1985年当時でもこの世界感は世間様に受け入れられなかっただろうに、よくこの時代に復活出来たと思いますw

男坂第1巻〜第4巻

男坂第1巻〜第4巻

早速読んでみた

30年前の作品なんで最後の打ち切りシーン以外ほとんど内容を覚えてないんですが、あえて1〜3巻を読み返さずに最新刊を読んでみたところ

やっぱりわからねぇ…w

読んでるうちになんかの理由で人を集めてるってトコまでは思い出したんですが、結局読み終わってもなんでだったか思い出せませんでした…w

というか、それ以上に気になったのが

主人公のキャラ変わってね…?

うろ覚えながら、打ち切り前はアツい硬派なキャラだった気がするんですが、最新刊では結構チャラいw

顔立ちも幼くなってる気がします。

読み返してみた

さすがに30年前に読んだ作品の続編をいきなり読むのは無謀だったので本棚から既刊を引っ張り出してきて復習しましたよ。

  • 13年間ケンカ無敗だった主人公菊川仁義が1話目でいきなりボコられる
  • 仁義をボコった武島将は将来日本の首領(ドン)になるために生まれてきた男
  • あとは諸々あって、仁義軍団は東日本の硬派をひとつにまとめあげる旅に出る

ってことで男坂を駆け上がっていったんでしたね。

読み返してみると結構面白いですわ。

で、やっぱり仁義のキャラは変わってますねw

連載当時の1985年ですらレアな存在だった(らしい)硬派だけに、硬派キャラとしての復活は出来なかったんでしょうか…。

最新刊の仁義は憑き物が落ちたような純粋な目をしててちょっと残念です。

いかに最後の硬派菊川仁義といえども30年の歳月で毒気を抜かれてしまったのかも知れませんね。

スポンサーリンク

Twitterでの反応は

まだまだ続く(らしい)よ!

幸か不幸か新刊が出てしまった男坂、第4巻に留まらず5巻以降も出るみたいです。

第4巻のラストでなぜか積丹に降り立った今世紀最後の天才のひとりキボウくんの動向が気になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました