[Python]try~finally文中でreturn文を使ったときの動作

Python

Pythonドキュメントの日本語訳を読んでて気付いたんですが

return によって、 finally 節をともなう try 文の外に処理が引き渡されると、実際に関数から抜ける前に finally 節が実行されます。

finally節 → return文なんですね。

せっかくなので動作確認してみると

def divide_int(dividend, divisor):
	try:
		quotient = dividend / divisor
		print '{0} / {1} = {2}'.format(dividend, divisor, quotient)
		return True
	except Exception as e:
		print 'error: {0}'.format(e.message)
		return False
	finally:
		print 'finally clause'

>>> divide_int(2,1)
2 / 1 = 2
finally clause
True

>>> divide_int(2,0)
error: integer division or modulo by zero
finally clause
False
  1. try節(except節)
  2. finally節
  3. try節(except節)のreturn文

って流れで一旦try節(except節)から抜けた後でまたtry節(except節)に戻ってくるのがなんか違和感なんですが、finally節は必ず実行されるからreturn文で関数(メソッド)から抜ける前に実行されるんでしょうね。

よく考えればそうなんですけど、あまり気にしてませんでした…w

この流れはbreak文でも同じみたいです。

勉強になりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました