代替品は「だいたいひん」?「だいがえひん」?

日記
この記事は約2分で読めます。

さっきラジオ聞いてたらラジオショッピングのコーナーで「だいがえひんは…」って言ってました。

意味はわかるんですけど、代替って「だいたい」と読むもんだと思ってたので、「だいがえ」って発音になんか違和感あるなと。

放送業界はこーゆー細かいトコに気を使ってるはずなので、実際のトコどうなんだろう?と思ってちょっと調べてみました。

スポンサーリンク

セーフ?アウト?

そこそこ信用できそうなネットのソースでは

読み方:だいたいひん
代替品とは – 日本語表現辞典 Weblio辞書より

ということで、「だいがえひん」とは併記されてないので誤りと見るべきなのかなと思いつつ、信頼性がマチマチなYahoo!知恵袋先生でトピックを漁ってみると

最近に始まったことではありません。
『新明解国語辞典』の初版(1972年)にも、既に「だいがえ」が見出し語として載っています。誤読とさえ書いていません。
“代替品”って、最近“だいがえひん”と読む人が妙に多いような気…より

とのこと。もう「だいがえひん」も正しいとして良いんでしょうか?

誤読が正しくなったもの?

ホントかどうかはわかりませんが

元々は「だいたい」だったものが、「だいがえ」と間違えて読む人が続出したので、そのまま「だいがえ」に移り変わったものです。
代替の意味と読み方より

というのが自分的にはしっくり来ます。

有名なところでは

  • 新しい → 「あらたしい」から「あたらしい」
  • 秋葉原 → 「あきばはら」から「あきはばら」

とかありますね。

この辺は言いやすさを考えれば変わるのもわかります。

けど、代替品に関しては「だいたいひん」の方が言いやすい気がしますw

時代の変化で言葉が変わることを悪いとは思わないんですが、「だいがえひん」は語呂悪いよなぁ…w

コメント

タイトルとURLをコピーしました