Web制作者のためのSublime Textの教科書を読んでからインストールしたパッケージ

アプリ
この記事は約6分で読めます。

Web制作者のためのSublime Textの教科書で紹介されていたパッケージのうち、便利そうなものをインストールしたのでまとめておきます。


RecentActiveFiles

  • 最近開いたファイルをリスト表示する
MacWindows
command + k → command + tWindows Ctrl + k → Ctrl + t

Local History

  • ファイルの変更履歴をローカルにバージョン管理してくれる
  • 差分の表示なども出来る

バックアップファイルの保存場所は

MacWindows
/Users/ユーザー名/.sublime/historyc:¥Users¥ユーザー名¥.sublime¥histroy

Terminal

  • サイドバーやキーボードショートカットでターミナルを開ける
MacWindows
command + shift + tCtrl + shift + t
  • プロジェクトフォルダをターミナルで開く場合は次のショートカット
MacWindows
command + option + shift + tCtrl + Alt + shift + t

開くターミナルはパッケージ設定ファイルで変更可能。

BoundKeys

  • キーバインドの設定を一覧表示
  • Preferences → List BOund Keys で一覧表示出来る
  • 競合してるキーバインドもわかるのが便利

Smart Delete

  • インデントされたソースコードの結合が楽になる
MacWindows
fn + deleteDelete

Emmet

  • HTMLやCSSのコーディングをスピードアップ。
  • 本を読む前からインストールしていたものの、知らなかったキーボードショートカットのまとめ。

選択文字列をマークアップ

MacWindows
control + wCtrl + shift + w

表示される入力欄でタグを入力する。

数値を±1増減

MacWindows
control + ↑↓Ctrl + ↑↓

デフォルトの設定ではMission Controlと被ってるのでoption + ↑↓に変更

数値を±10増減

MacWindows
comand + option + ↑↓shift + Alt + ↑↓

数値を±0.1増減

MacWindows
option + ↑↓Alt + ↑↓

あんまり使わないので±1増減に譲った

Python関連

Python Auto-Complete

  • Pythonのコード補完、スニペットなど。

Python Flake8 Lint

  • Pythonの文法チェック。
スポンサーリンク

便利だけど保留したパッケージ

本で紹介されていたのでちょっと使ってみたものの、わたし的にそれほど使用頻度が高くなかったので一旦アンインストールして様子見中のパッケージです。

SublimeOnSaveBuild

  • セーブと同時にビルドしてくれる

AdvancedNewFile

  • 新規ファイルを作成時に保存場所を指定できる。
MacWindows
command + option + nCtrl + Alt + t

Abacus

  • 選択範囲のイコールやコロンの位置を見やすく整形してくれる
MacWindows
command + option + control + ]Ctrl + Alt + ]

Alignment

  • 選択範囲のイコールやコロンの位置を見やすく整形してくれる
MacWindows
command + control + aCtrl + Alt + a

Tag

タグ内のテキストを残したまま全てのタグの削除出来るのが便利そう。

SublimeLinter

  • 文法チェック
  • Python用のLinter(Python Flake8 Lint)は単体で動くっぽいのでコチラは一旦保留に

コメント

タイトルとURLをコピーしました